Nothing is difficult to those who have the will

エロゲとオルタナ。そんな感じ。ちょこちょこと書き綴っていこうと思います。

エロゲ

遅ればせながら、ゆずソフト「サノバウィッチ」の感想を書いてみる。その5.魔法に対する考察 と 寧々の愛すべき滑稽さ

ようがす!(挨拶) カナリヤです。ゆずソフト「サノバウィッチ」の感想その5です。1~4に関しては下記から参照していただければ。 mywaymylove00.hatenablog.com mywaymylove00.hatenablog.com mywaymylove00.hatenablog.com mywaymylove00.hatenablog.c…

遅ればせながら、ゆずソフト「サノバウィッチ」の感想を書いてみる。その4.可愛いめぐる と 能力の消失

ようがす!(挨拶) カナリヤです。ゆずソフト「サノバウィッチ」の感想その4です。ようやく終わりが見えてきました(疲)。1~3に関しては下記から参照していただければ。 mywaymylove00.hatenablog.com mywaymylove00.hatenablog.com mywaymylove00.hat…

遅ればせながら、ゆずソフト「サノバウィッチ」の感想を書いてみる。その3. 心と感情の差異 と 紬の容認できないあざとさ

ようがす!(挨拶) カナリヤです。本日も前回に続いてゆずソフト「サノバウィッチ」の感想です。前回、前々回は下記から参照していただければ。 mywaymylove00.hatenablog.com mywaymylove00.hatenablog.com 今回は「えろえろー」が印象的だけど作中ではそ…

遅ればせながら、ゆずソフト「サノバウィッチ」の感想を書いてみる。その2.寄る辺を失った主人公 と ようがす先輩に期待したもの

ようがす!(挨拶) カナリヤです。今回はゆずソフト「サノバウィッチ」の感想記事その2です。その1は下記から参照していただければ。 mywaymylove00.hatenablog.com 本日は年上の魅力で主人公を転がしまくり?みんな大好きようがす先輩こと戸隠瞳子先輩ル…

遅ればせながら、ゆずソフト「サノバウィッチ」の感想を書いてみる。その1.主人公への明確な共感

ようがす!(挨拶) カナリヤです。今回からゆずソフトから発売されました「サノバウィッチ」の感想を数回に分けて書いていこうと思います。遅え。いつ発売したと思ってる。久々のエロゲ記事。なんか一年くらいぶりらしいです。僕の本質はエロゲーマーです。

ゴールデンタイムは今なんだ。遅ればせながら、SAGA PLANETS作品「金色ラブリッチェ」の感想を書いてみる。

こんばんは。カナリヤです。本日は2017年に発売されたSAGA PLANETS作品「金色ラブリッチェ」の感想です。キャッチーな会話の応酬と豊富な表情差分、タイミングよく挿入されるエフェクトに彩られた本作は僕の琴線に触れに触れまくり。ヒロイン全員が金髪とい…

「楽しくあれ」と、彼女は言った。遅ればせながら「蒼の彼方のフォーリズム」の感想を書いてみる。

カナリヤです。寒い日が続いていますね。最近は雪も積もったりしていよいよ冬本番といった感じです。この年末年始はインフルエンザなどにならないよう体調管理に気をつけていきたいところですね。 さて本日は2014年にspriteから発売された青春スポ根モノの傑…

膨れ上がって破裂しそうなこんな気持ち。エロゲーマーなのにエロゲショップが苦手というお話。

友人にふとこの話をしたら「よく分からん」と一蹴されたこの何とも言えない感覚。うぅ。このもどかしい気持ちを晴らすべく男は黙って記事投稿。

2人の月日に思いを馳せる。遅ればせながらtone work's最新作「銀色、遥か」瑞羽ルートの感想を書いてみる。

カナリヤです。本日はtone work's最新作「銀色、遥か」瑞羽ルートの感想を書いてみます。1ルートだけですが、ご容赦ください。 ※以下は「銀色、遥か」瑞羽ルートのネタバレを含みます。

現時点ではなんとも。でも妹は可愛い、ぱれっと新作「9-nine-ここのつここのかここのいろ 第一章」 感想を書いてみる。

カナリヤです。本日はぱれっと新作「9-nine-ここのつここのかここのいろ 第一章」の感想を書きます。原画和泉つばす氏とライターかずきふみ氏による期待作。ぱれっと作品は「ましろ色シンフォニー」以来となります。 それでは始めていきます。 ※以下は作品の…

彼女のためにもこの物語は「ポップ」であり続けなければならない。遅ればせながらシルキーズプラス新作「あけいろ怪奇譚」の感想を書いてみる。

「ガンナイトガール」(CandySoft)「なないろリンカネーション」(シルキーズプラス)で名を挙げたライターかずきふみ氏と同2作とタッグを組んだ年上おっぱいの伝道師・すめらぎ琥珀氏による、シルキーズプラス新作「あけいろ怪奇譚」の感想です。 本記事…

今更ながら、Rococoworks「Volume7」に思いを馳せてみる

箱庭的世界観を描かせればエロゲ界広しといえど右に出るものなし、の原画・笛氏、シナリオ・J-MENT氏の黄金コンビによる群像劇ADV「Volume7」先日プレイ終了いたしました。 エロゲ―ブランドTarteから発売された名作「カタハネ」と同一スタッフにより設立され…

プレイ途中ながら「見上げてごらん、夜空の星を」の沙夜ルート雑感を書いてみる

カナリヤです。「見上げてごらん、夜空の星を」「見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS」における沙夜ルートの雑感です。まだプレイ途中ではありますが、僕の中でこの作品におけるメインヒロインが沙夜に確定したご報告(異論は認める)と、その理由を適当…

遅ればせながら特定キャラの冷遇がひどい、Basesonの最新作「戦国恋姫X〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜」の感想を書いてみる

Basesonの最新作「戦国恋姫X〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜」の感想です。何気に初のBasesonです。 ※以下はネタバレありにつきご注意を

「めいすぴ」と「DISCOGRAPHY」で味わえる日常感

先日、「めいどさん すぴりっつ! ~わたしの中にいるあなた~」をクリアいたしました。クリアに擁した時間はおよそ3ヶ月弱。まぁ単純にやるヒマがなかっただけなんですが。 あまりに僕好みのエロゲだったもので、いっちょ感想なんぞを関係ないもの交えつつ…