Nothing is difficult to those who have the will

エロゲとオルタナ。そんな感じ。ちょこちょこと書き綴っていこうと思います。

最近あなたの暮らしはどう

お久しぶりです。カナリヤです。

今回は近況報告というか生存報告なんぞを。気づいたらすぐ潜ってしまうから僕ってやつは。Twitterでつぶやいてもいいんですが吐露するって意味ではブログの方がやりやすいかなって。どうにもタイムラインを意識してしまうから自然体でいられない感覚があって。まぁ難儀。

 

○仕事

ちょっと前にやめました。このコロナ禍の最中に割と衝動的に。次の仕事も決まらないままアッサリとやめてしまったよ。いきあたりばったりな行動は社会人としてどうなんだと思いはすれど、しばらくはこの開放感に身を委ねたいところ。

 

○エロゲ

もうめちゃくちゃやってます。今月はもう5、6本やってるんじゃなかろうか。学生の頃並に消化していて大変満足。ここ数年の僕はプレイすらままならず、「あ、これ面白そう」と思っても「でも疲れてるしな……」とか頭を過ぎって結局手付かず、みたいなケースが本当に多かったです。仕事をやめたことで時間ができたこともそうなんだけどなんにも考えずただただエロゲに没頭できるようになってから最近の僕ではやれなかったであろうジャンルにも手を出してみたりして、エロゲライフがとても充実しています。エロゲってほんとうにいいものですね。大好きなことに気づけて安堵。

とりあえず最近やったのを雑感含め挙げてみます。

クロノボックス

product.hobibox.netこれ本当に面白かった!理想的な楽園が徐々にその歪さを表面化させていき、真実を浮かび上がらせていく展開はその描写の丁寧さ、伏線の張り方もよく計算されていて、最後まで中弛みすることなく夢中でプレイできました。詳細は省くけどまさしく18禁でしかできないという「古典的エロゲ」感をまざまざと見せつけてくれてある意味新鮮な気持ちに。このライターさんの新作が近々Waffleで発売されるらしく今からワクワクが止まりませんな。

クロガネ回姫譚-閃夜一夜-

minatostation.com正確にはエロゲじゃないんだけど、まぁいいや。

タカヒロ氏×さかき傘氏はもうハズレなし。少なくとも僕の中では。戦闘描写とか厨二要素はそこまで気に入ったわけではないんだけどキャラクター達のやり取りだけでかなり満足。個人的には敷島会長のルートも欲しかったなぁ。見せ場はあったけれども。そういうキャラなんだと理解を示しつつも、時折見せる胸に秘めたその健気さ。もっともっと報われてほしかったと思うのですよ。

なないろリンカネーション

silkysplusa.comエロゲ発だけど今回やったのはVita版。一度無印はやってるんだけどせっかく再プレイするなら追加要素あるほうがいいよねってことで。

再プレイにあたって「彼女」について作中でどう描写されているのか、という点を確認したかったんですが、多少のご都合主義な部分はあったものの伏線描写がちょこちょこ挿入されていて改めてうまいなーと。お話自体がひとつの事件に特化していることもあってルート毎の満足感はさほどないけどそれでも十分面白い。ただ追加要素がそうでもない&既読ジャンプが使いにくい&演出スキップくらいさせてよ!とか細かいところが気になってしまったのが残念。

きまぐれテンプテーション

www.silkysplus.jp上記と同じくかずきふみ作品。割と重厚なストーリーでありながら低価格でプレイできたのは逆に申し訳なくなってしまうぅ。

マンション内で起こった猟奇事件の真相を暴くという限定的かつきつめなシチュエーションでも相棒のサキュバスとの掛け合いが非常に楽しい。このライターさん特有の不謹慎にならない(あくまで主観)ギリギリを攻めてくるポップさは癖になるんですよねー。いつまでもこのラインで作品を作っていってほしい。

9-nine-

palette.clearrave.co.jpまたまたかずきふみ作品。大好きかよ。

四部作がとうとう完結?続編あるみたいですがまぁひとまず一区切りということで。

 

mywaymylove00.hatenablog.com

一作目以降まともに感想を書いてはいないんですが、いちおうやってました。ただなんというか個人的にはあまりハマらなかったなーって。原画さんは大好きだし、ライターさんはもちろん大好き。気に入らない要素はないはずなんだけど、能力モノとしての魅力不足と殺人事件の犯人を追ってるとは思えない緊張感のなさ。そこにかずきふみ氏のコメディ巧者っぷりが作品全体の在り方としてどうにもチグハグな印象を与えてしまったのでは?と思われ。キャラ同士の掛け合いはクズ妹を筆頭にゲラゲラと腹抱えて楽しんだんですが、結局最後まで能力モノの要素が添え物にしか映らなかったのが響いた形。分割でなくあくまで一本のエロゲであれば作品の構成も変わっていたでしょうし僕の評価もまた違ったものになったかも知れません。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

www.spermation.net最近とあるゲームを始めまして。「7Days To Die」っていうゾンビゲーの皮を被ったマインクラフトみたいなヤツなんですけど。そういう共感もあってかなんとなく買ってみたら存外楽しめましたね。

原作が原作だけにタイトルからも匂い立つそこはかとない「なろう系」感に多少訝しげではあったんですがヒロインの丁寧な心理描写や終盤の緊張感ある展開には素直に盛り上がりました。もう少し周囲の人々(社長とかさ)に焦点が当たってたらより良いものになってたのではないでしょうか。まぁ原作の更新が止まっているみたいですし中途半端になってしまうのは製作サイドも重々承知していたのかもですが。

積んでるリスト

以下はこれからやる(やりたい)エロゲ群。順番とかはその日の気分だと思います。

・アマツツミ(←今はこれやってます)

・罪ノ光ランデヴー

MUSICUS!

・ATRI -My Dear Moments-

・徒花異譚

・喫茶ステラと死神の蝶

サクラノ詩

・神様のような君へ

 

アンテナ感度あんまりよろしくないのでオススメとかあれば是非。

 

 

○音楽

こっちもこれまで聴いたことないようなジャンルに手を出してみて静かに興奮しています。

downy「第七作品集」

downy-web.com

アメリカ民謡研究会「朗読、極端に反芻される告知。これは私が時計を壊す為の。」

booth.pm

THE NOVEMBERS「At The Beginning」

the-novembers.com

Kazuma Kuroda「Mind」

opaltapes.com

Éons「NEPTUNIAN MAXIMALISM」

i-voidhangerrecords.bandcamp.com

既出もありますがとりあえずローテで聴いてるのはこの辺り。プログレやらポエトリーリーディングやらアンビエントやらインダストリアルやら圧倒的な単なるノイズとしか形容できないモノやら。節操ない感じはTwitterやBandcampでのオススメにモロ影響された結果ですね。

個人的に思うのは技術的に優れている。とか、高尚である。とか、そういう思いはホント一切なくただただこれまでの僕が聴いてこなかった、けれどだとしてもめちゃくちゃかっこいいななんだこれ!?という理解できないものに翻弄されたいという共通した認識が生まれてくれるかどうか、というのがなによりも大事なのかなぁというあまりに単純な。

衝動が僕の中で沸き上がる、その瞬間が彼らには確実に存在する。広すぎて、深すぎて、その一端ですら味わい切れない世界ではあるけれど触れるという手段を捨てる気にはなれないなぁ。

 

最近の僕はこんな感じです。浮上しましたらその時はまたよろしくです。